「分類別医薬品」、「【第1類医薬品】エンペシドL6錠×2個セット膣カンジダ再発治療薬(婦人薬)【佐藤製薬】」を販売する「くすりのiQ本店」の商品紹介ページです。
 

トップ > 分類別医薬品 > 【第1類医薬品】エンペシドL6錠×2個セット膣カンジダ再発治療薬(婦人薬)【佐藤製薬】

【第1類医薬品】エンペシドL6錠×2個セット膣カンジダ再発治療薬(婦人薬)【佐藤製薬】
【第1類医薬品】エンペシドL6錠×2個セット膣カンジダ再発治療薬(婦人薬)【佐藤製薬】
拡大画像
    

【第1類医薬品】エンペシドL6錠×2個セット膣カンジダ再発治療薬(婦人薬)【佐藤製薬】

【第1類医薬品】エンペシドL6錠×2個セット膣カンジダ再発治療薬(婦人薬)【佐藤製薬】
商品コード : 4987316006239-2p
価格 : 円(税込)
ポイント : 305
数量
 
かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ



 

【第1類医薬品】エンペシドL6錠×2個セット膣カンジダ再発治療薬(婦人薬)【佐藤製薬】


膣カンジダの再発治療薬

エンペシドLは原因菌に効く
●カンジダ菌に優れた抗真菌作用を有する「クロトリマゾール」配合。
腟カンジダの原因菌の多くはカンジダアルビカンスです。クロトリマゾールはカンジダアルビカンスに対して、高い抗菌作用を示します。
●すみやかに崩壊する発泡錠で、腟内に有効成分が効果的に広がります。
エンペシドLは水分によってすみやかに発泡しながら崩壊する錠剤です。発泡錠なので腟内に有効成分が効果的に広がり、薬剤が行きわたります。
●無着色・無臭の錠剤です。
油脂性成分を使用しておらず、夏場でも溶けにくいようにできています。また、無着色の錠剤です。

  商品説明 区分 第1類医薬品/膣用外用薬/膣カンジダ再発治療薬/日本製 内容量 6錠×2個 効能・効果 腟カンジダの再発(過去に医師の診断・治療を受けた方に限る)。 用法・用量 成人(15歳以上60歳未満)1日1回(できれば就寝前)、1錠を腟深部に挿入する。
6日間毎日続けて使用すること。
ただし、3日間使用しても症状の改善がみられないか、6日間使用しても症状が消失しない場合は医師の診療を受けること。

≪用法及び用量に関連する注意≫
1.定められた用法・用量を厳守してください。
2.この薬は腟内にのみ使用し、飲まないでください。もし、誤って飲んでしまった場合は、すぐに医師の診療を受けてください。
3.アプリケーターは使用しないでください。
4.途中で症状が消失しても、使用開始から6日間使用してください。
5.生理中は使用しないでください。使用中に生理になった場合は使用を中止してください。その場合は、治癒等の確認が必要であることから、医師の診療を受けてください。 使用方法(挿入方法) 1.ご使用の前に入浴するか、ぬるま湯で患部を清潔にして下さい。
2.手指を石けんできれいに洗い、右図のように腟錠を指先で腟内の最も深いところに挿入してください。
3.挿入後、患部に触れた手指は石けんでよく洗ってください。 成分・分量 1日量1錠中
イソコナゾール硝酸塩100mg
※添加物として、乳糖水和物、セルロース、ステアリン酸Mgを含有する。 ご注意 【保管および取扱い上の注意】
(1)直射日光の当たらない涼しいところに保管してください。
(2)小児の手の届かないところに保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わる)
(4)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。なお、使用期限内であっても、一度開封した後はなるべく早くご使用ください。
【使用上の注意】
●してはいけないこと
1.次の人は使用しないでください。
(1)初めて発症したと思われる人。
(初めて症状があらわれた場合は、他の疾病が原因の場合があり、その場合は医師の診療を受ける必要があります)
(2)本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(本剤の使用により再びアレルギー症状を起こす可能性があります)
(3)15歳未満又は60歳以上の人。
(15歳未満の人は初めて発症した可能性が高く、60歳以上の人は他の疾病の可能性や他の菌による複合感染のリスクが高まることを考慮する必要があり、自己判断が難しいため)
(4)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(薬の使用には慎重に期し、医師の診療を受ける必要があります)
(5)発熱、悪寒、下腹部痛、背中や肩の痛み、色のついた又は血に染まったおりもの、魚臭いおりもの、生理の停止、腟からの不規則又は異常な出血、腟又は外陰部における潰瘍、浮腫又はただれがある人。
(他の疾病の可能性がありますので、医師の診療を受ける必要があります)
(6)次の受診を受けた人。
糖尿病(頻繁に本疾病を繰り返す可能性が高いので医師の診療を受ける必要があります)
(7)腟カンジダを頻繁に繰り返している人。
(1〜2ヵ月に1回又は6ヵ月以内に2回以上)
(8)腟カンジダの再発かわからない人。
(自己判断できない場合は医師の診療を受ける必要があります)

2.次の部位には使用しないでください。
(1)腟内以外の部位。

3.本剤を使用中に次の医薬品を外陰部に使用しないでください。
(1)カンジダ治療薬以外の外皮用薬。

●相談すること
1.次の人は使用前に医師または薬剤師に相談すること
(1)医師の治療を受けている人(医師から処方されている薬に影響したり、本剤と同じ薬を使用している可能性もあります)
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。(薬などでアレルギーを起こしたことがある人は、本剤でも起こる可能性があります)
(3)授乳中の人(薬の使用には慎重を期す必要があります)

2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、製品の添付文書を持って医師または薬剤師に相談すること 関係部位 症状 腟 局所の熱感、刺激感、かゆみ、発赤、痛み 皮膚 発疹

3.3日間使用しても症状の改善がみられないか、6日間使用しても症状が消失しない場合は使用を中止し、医師の診療を受けること
(他の疾病の可能性があります)

●生活上の注意
1.腟カンジダを再発した場合には、パートナーに感染している可能性があるため、腟カンジダに感染した旨を伝え、パートナーの方は陰部のかゆみ、発赤などの不快症状があれば、すぐに医師の診療を受けてください
2.パートナーへの感染を避けるため、本剤を使用中は性行為を避けましょう
3.本剤を使用中は、患部への刺激を避けるため、殺精子剤は使用しないでください
4.入浴時は石けんの刺激を避けるために、外陰部は石けんで洗わず、お湯だけで軽く洗う程度にしましょう
5.カンジダ菌は、温度や湿度の高い状態で繁殖しやすいため、できるだけ乾燥した状態を保つようにすることが大切です。以下の点に気を付けましょう
・入浴、水泳後等は、膣の外側は十分乾かしましょう。濡れた水着などはできるだけ早く着替えましょう。
・おりものシートなどの衛生用品を使用される場合は、こまめに交換しましょう。
・下着は、通気性のよい綿製品などを用いるようにしましょう。
6.下着やタオルは毎日清潔なものを用い、タオルなどは感染を避けるため、家族と共用しないようにしましょう。
7.カンジダ菌は腸にも常在している菌です。トイレの後は腸からの感染を避けるため、前から後ろにふきましょう。
8.かゆみがあっても、外陰部をかかないようにしましょう。かくと、刺激がひどくなったり、感染が広がる可能性があります。 使用期限 出荷時より1年以上あるものをお送りします。 副作用救済制度 (独)医薬品医療機器総合機構
電話:0120-149-931(フリーダイヤル) 製造販売元 佐藤製薬株式会社
〒107-0051東京都港区赤坂1丁目5番27号
お客様相談窓口:03-5412-7393 
受付時間9:00〜17:00(土・日・祝日を除く) 広告文責 くすりのiQ 049-274-1819
登録販売者:岩澤 有峰 JANコード:4987316006239

送料:無料〜

ページトップへ